通話料について

災害時のひかり電話

近年、大規模な災害が連続していますがひかり電話は災害時にはどのようになるのでしょうか。通常なら、電話回線や光ファイバー網が破壊され、使用できなくなっていることが多いですが、例えばここで光ファイバー網は生きていたとしましょう。しかしそれでもひかり電話は使用できません。ひかり電話を使用する場合は、電話線+電源が必要だからです。旧来の電話回線は、電話回線から電力供給されているので、災害時でも利用できることが多いのですが、それでも地域の電話局などが破壊されていれば、ひかり電話同様使うことは出来ません。

個人でもひかり電話は使えるの?

ひかり電話と聞くと、最新技術の塊で、一般の家庭には導入できないんじゃないか、ひかり電話にしたらものすごく電気代とか掛かるんじゃないかと心配される方も居るようです。ご安心下さい、ひかり電話は個人でも導入できますし、ひかり電話にしたからといって電気代が極端に高くなるということもありません。

ひかり電話の通話料が安いわけ

ひかり電話の通話料が安いのは何故でしょうか。ひかり電話も、普通の電話と同じように電話をすることが出来るのに、何故でしょう。実は、これは光回線だからこそできることなんです。ひかり回線を使うひかり電話では、音声データをデジタル化して、他のデータとともに長いています。ひかり電話はインターネットと回線を共有しているからこそ、安く会話が出来るのです。